\ オリンピック特集はこちら /

【必見】西舘昂汰がX(ツイッター)で話題騒然!ドラフト1位指名後に高校時代のバッテリーへ電話で大煽り!

当ページのリンクには広告が含まれています。
スポンサーリンク

2023年10月26日、プロ野球ドラフト会議が行われ、専修大学の西舘昂汰投手が、ヤクルトスワローズから1位指名を受けました。

そんな西舘昂汰投手が、ドラフト会議指名後に、高校時代のバッテリーで日本ハム2位指名の進藤勇也捕手へ電話で見せた

あおり(順位マウント)

が話題となっています。

そこで、西舘昂汰投手が進藤勇也捕手へ電話で見せたあおり(順位マウント)などに関して、一緒に見ていきましょう。

目次
スポンサーリンク

西舘昂汰がX(ツイッター)で話題騒然|あおり(順位マウント)発令について

ドラフト会議後、晴れてヤクルトスワローズから1位指名を受けた「西舘昂汰投手」は、

高校時代のバッテリーであった「進藤勇也捕手」との電話で

おめでとうやね(進藤勇也捕手へ向けて)

勇也何位やったん?

2位?2位?おれは1位!

という「順位マウント」とも取れるやりとりを行っていました。

二人のやり取りがX(ツイッター)で話題!

このやり取りがX(ツイッター)で話題となり、

  • 西舘君の評価がドラフト後に爆上がり
  • いいねーこのやりとり仲良いわ
  • 電話で煽るwwwwwwwww

などの、二人のやり取りに関して「微笑ましいコメント」が多数見られました。

西舘昴汰投手は

同じ球団に行けたら嬉しい。でも、順位は自分が上がいい

と述べていたとおり、ヤクルトスワローズから1位指名を受け、なおかつ

高校時代のバッテリーであった進藤勇也捕手

も日本ハムファイターズから1位指名を受け、お互いにプロ野球選手になれた喜びが、このやり取りから溢れているように感じます。

西舘昴汰投手と進藤勇也捕手、

二人は親友でありながらも、良きライバルとして、今後プロの世界でも活躍してほしいですね。

スポンサーリンク

西舘昂汰がX(ツイッター)で話題騒然|2023年ドラフト会議について

2023年のドラフト会議で、ヤクルトスワローズは

専修大学の西舘昂汰投手

を1位指名しました。

一方、日本ハムファイターズは

上武大学の進藤勇也捕手

を2位指名しました。

西舘昂汰投手と進藤勇也捕手は、福岡県の「筑陽学園高校」でバッテリーを組んでいた同級生です。

2019年には春夏の甲子園大会で連続出場を果たし、その後、別々の大学に進学しました。

西舘昴汰投手について

西舘昴汰投手は、筑陽学園高校の時代にはエースとして甲子園出場を果てしています。

専修大学へ進学後、その才能を開花させ、

大学4年の秋には「最速152キロ」

を記録し、プロでも十分に通用するレベルへと成長しました。

ドラフトに関して、西舘昴汰投手は「同じ球団に行けたら嬉しい。でも、順位は自分が上がいい」と語っていました。

2人ともドラフト上位候補として名前が挙がるなか、西舘が「同じ球団に行けたら良いなとは思っているんですけど、順位は俺の方が上で行きたいな」と話せば、進藤も「一緒にやるのであれば自分が上で行きたいです」とライバル心を燃やす。

TBS NEWS DIG

進藤勇也捕手について

進藤勇也捕手は、高校時代からその

強肩が話題

になっていました。

しかし、打撃に課題があったため、打撃克服のために上武大学へ進学。

筋トレが趣味で、体重も高校時代の81kgから現在は90kgに増加しました。

その結果、リーグ戦での通算打率は3割を超え、8本塁打をマーク。

特に注目すべきは、

二塁への送球が「1.8秒台」

という驚異的な数値を示し、今年のドラフトでは、最も評価される捕手となっています。

スポンサーリンク

西舘昂汰がX(ツイッター)で話題騒然|SNSでの反応

ここでは、西舘昴汰投手と進藤勇也捕手のやり取りに関して、SNSでの反応をあげておきます。

ドラフト順位でマウントとる世界すごすぎ

X(Twitter)

これがドラフトマウントか…..

X(Twitter)

X(Twitter)では「ドラフトマウント」というワードも見受けられました。

西舘昴汰投手の大物っぷりが伺えますね。

また、お二人が本当に仲良さそうな雰囲気が、このやり取りで伝わってきますね。

スポンサーリンク

西舘昂汰がX(ツイッター)で話題騒然|まとめ

今回は、西舘昂汰投手が進藤勇也捕手へ電話で見せたあおり(順位マウント)などに関して見てきました。

今後の西舘昴汰投手と進藤勇也捕手の活躍を期待しております。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次