\ オリンピック特集はこちら /

【調査】佐々木麟太郎と佐々木朗希は兄弟・親戚?父親・母親など家族構成まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
スポンサーリンク

高校通算140本塁打を放ち、アメリカの超名門校「スタンフォード大学」へ進学する佐々木麟太郎選手。

その佐々木麟太郎選手と、同じ岩手県出身の佐々木朗希選手が

兄弟・親戚ではないか!?

との噂があります。

そこで、佐々木麟太郎選手と佐々木朗希選手の兄弟説の噂や、家族構成などについて調査しました。

目次
スポンサーリンク

佐々木麟太郎|佐々木朗希は兄弟・親戚?

岩手県出身の野球選手、佐々木麟太郎と佐々木朗希選手。

彼らの名前が似ていることから、兄弟ではないかとの噂が流れることがありますが、

実際には血縁関係はありません!

同じ岩手県出身であることから、「兄弟かも」との誤解が生じるようです。

佐々木麟太郎選手は花巻東高校の野手

佐々木麟太郎選手は、岩手県の花巻東高校出身の野手で、父親は同校の名監督である佐々木洋さんです。

佐々木麟太郎選手の実力は「怪物」とも称されるほどで、今後のプロでの活躍が期待されています。

佐々木朗希選手は千葉ロッテマリーンズの投手

一方、佐々木朗希選手は千葉ロッテマリーンズの投手として、WBCにも出場している日本を代表する投手です。

佐々木朗希選手もまた「怪物」と呼ばれるほどの才能を持ち、プロ野球界での活躍が注目されています。

未来の対決に期待

佐々木麟太郎選手と佐々木朗希選手は、兄弟ではないものの、同じ岩手県出身という共通点を持っています。

投手と野手という異なるポジションでの怪物同士の対決が、今後のプロ野球やMLBで見られるかもしれません。

彼らの今後の活躍に目が離せませんね。

スポンサーリンク

佐々木麟太郎|プロフィールについて

佐々木麟太郎選手のプロフィールは以下のとおりとなります。

スクロールできます
プロフィール
名前佐々木 麟太郎(ささき りんたろう)
生年月日2005年4月18日
年齢18歳(2023年8月12日時点)
出身地岩手県北上市
身長184cm
体重113kg
利き腕右投左打
所属チーム江釣子小(江釣子ジュニアスポーツ少年団)→江釣子中(金ケ崎シニア)→花巻東高

佐々木麟太郎選手は、圧倒的な飛距離とミート力を誇るホームランアーチストで、

高校通算140本塁打の記録

を持っています。

明治神宮野球大会や甲子園などの全国大会での活躍が評価され、広角に打球を飛ばせるスイングとチームへの貢献が注目されています。

2023年のドラフトでは、ヤクルト、阪神、中日、西武、日本ハムなどが一位候補としてリストアップしているとの報道がありました。

佐々木麟太郎選手の今後のプロ入りは楽しみで、野球ファンの間でも話題となっています。

スポンサーリンク

佐々木麟太郎|高校卒業後は「アメリカ進学」を明言!

2023年10月10日、佐々木麟太郎選手は日本のプロ野球へは進出せず、

アメリカの大学へ進学する

ことを決定しました。

佐々木麟太郎選手自身が

「野球選手としてはまだ未熟で、さらに高みを目指すためには多角的な学びが必要」

と語っています。

具体的な進学先の大学についてはまだ決定していないとのことですが、その背景には

技術だけでなく、人としても成長したい

という強い意志があるようです。

このような進路選択は、今後の佐々木麟太郎選手の成長だけでなく、日本の高校野球界にも新たな風をもたらす可能性があります。

異例の進路を選んだ佐々木麟太郎選手の今後が楽しみですね。

スポンサーリンク

佐々木麟太郎|スタンフォード大学へ進学!学力や英語力は?

佐々木麟太郎選手がアメリカの名門大学「スタンフォード大学」への進学が決定し、話題となっています。

佐々木麟太郎選手がスタンフォード大学へ進学!

2024年2月14日、佐々木麟太郎選手が超名門校の「スタンフォード大学」へ進学することが発表されました。

スタンフォード大は「学力世界2位」の超難関校となっており、鳩山由紀夫元首相やプロゴルファーのタイガー・ウッズなどの有名人も通った名門大学です。

佐々木麟太郎選手は、そのスタンフォード大では

「スカラシップ(奨学金)制度」

を利用した模様で、「人としても成長したい」との意志を持つ佐々木麟太郎選手にとっては、最高の進学先であると思われます。

佐々木麟は「野球だけできる人間ではなく、野球もできる人間になりたい」をモットーに掲げる。入学するスタンフォード大は、世界に名だたる最難関。関係者によると、スカラシップ(奨学金)制度を利用した模様だ。

日刊スポーツ

佐々木麟太郎選手の学力や英語力は?

日本からアメリカへスポーツ留学する際には、スポーツの成績だけではなく、一定レベルの英語力も求められます。

日本からスポーツ留学する場合にはTOEFL、IELTS、Duolingoなどの英語試験のスコア提出が求められ、スポーツの成績と英語力、そして学校の成績など条件を審査された上で入学が許可され、優秀と認められた場合は学費全額免除などの奨学金が与えられる。

スポニチ

佐々木麟太郎選手は、中学・高校ともに成績は上位だったとのこと。

しかし、英語は不得意だった模様で、

オンライン英会話を週3〜4回受講して語学力向上

に励んできました。

中学、高校と成績は上位。得意科目は日本史で、英語は決して得意ではないが、昨秋の部活引退後は週3、4回のペースでオンライン英会話を受講し語学向上に励んできた。

日刊スポーツ

このように、佐々木麟太郎選手は自分の弱点を克服するために努力し、その結果に超名門大学「スタンフォード大」への入学をつかみ取りました。

スポンサーリンク

佐々木麟太郎|父親は花巻東高校野球部の監督!

佐々木麟太郎選手の父親である「佐々木洋さん」のプロフィールは以下のとおりとなります。

スクロールできます
プロフィール
名前佐々木 洋(ささき ひろし)
生年月日1975年7月27日
年齢48歳(2023年8月時点)
出身地岩手県北上市
出身校黒沢尻北高等学校→国士舘大学

佐々木洋監督の家族構成(妻など)!息子・娘は父親に似ていると話題に!

佐々木洋監督は、花巻東高校野球部の指導者として、大谷翔平選手や菊池雄星選手などのメジャーリーガーを育てたことで知られています。

2002年から花巻東高校野球部の監督を務め、2005年夏には甲子園初出場、2009年夏の甲子園では菊池雄星投手を擁し、準優勝しています。

その指導方針は、選手たちに

「自分たちで考え、自分たちで行動すること」

を求め、自主性を重視しています。

また、選手たちが自分たちで考えて行動するために、練習中には指導者が口出しをしないようにしているそうです。

佐々木洋監督及び花巻東高校の今後の活躍にも目が離せませんね。

佐々木麟太郎|母親の名前や顔画像は?

佐々木麟太郎選手の母親の名前は玲香さんと言いいます。

一般人であるため、公に知られている情報は少ないです。

しかし、地域の「えづりこ6区自治会だより」というサイトで、彼女の画像を見つけることができました。

ショートカットが似合うスポーティな雰囲気のお母さんで、佐々木麟太郎選手の家族をしっかりと支えている存在という印象が伺えますね。

佐々木麟太郎|妹は花巻東高校軟式野球部の主将!

佐々木麟太郎選手の妹である「佐々木秋羽さん」のプロフィールは以下のとおりとなります。

スクロールできます
プロフィール
名前佐々木 秋羽(ささき しゅう)
生年月日2006年9月29日
年齢16歳(2023年8月時点)
出身地岩手県北上市
身長168cm
投打右投・左打
ポジションセカンド

佐々木秋羽がかわいい!中学時代は大谷翔平の父に野球を教わっていた?

佐々木秋羽さんは、花巻東高校女子硬式野球部の主将で、セカンドを守っています。

小学2年生から野球を始め、中学時代には金ケ崎シニアで活躍しました。

陸上部にも所属し、100m走で13秒21のタイムを記録したこともあります。

2020年に創部された女子硬式野球部に入部し、

2022年には全国大会で準優勝!

に貢献しました。

将来は女子プロ野球選手になりたいという彼女の姿勢や笑顔は、多くの人の共感を呼んでいます。

兄や父の影響で野球を始めた佐々木秋羽さんの活躍は、今後も注目されることでしょう。

佐々木麟太郎|みんなの意見

佐々木麟太郎選手が佐々木朗希選手の弟だと勘違いされている方が多かったですね。

同じ「佐々木」の名字でも、体型が確かに違いますね。

佐々木麟太郎|佐々木朗希とは兄弟・親戚なのかまとめ

今回は、佐々木麟太郎選手と佐々木朗希選手が兄弟・親戚なのか、そして佐々木麟太郎選手の家族構成について調査してきました。

結論から言うと、2人は兄弟・親戚ではなかったですが、ともに岩手県出身で、プロ野球界での活躍が注目されています。

佐々木麟太郎選手がプロ選手になった際には、佐々木朗希選手との対戦をぜひ見てみたいですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次